046-824-8366
受付時間
平日:9:30-17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

遺言書 効力

  1. 司法書士 横須賀うみかぜ事務所 >
  2. 遺言書 効力

遺言書 効力に関する基礎知識記事や事例

  • 家族信託にかかる費用家族信託にかかる費用

    ■ 家族信託とは 家族信託とは、自身の財産などの管理が本人でできなくなった時に家族にその財産の管理や処分を任せる制度のことを言います。 自身の財産を信託する者を委託者、財産を受ける者を受託者、...

  • 遺言書の代わりとしても使えます遺言書の代わりとしても使えます

    家族信託の仕組みを用いて遺言と同じような効力を発生させることもできます。これは、最初の信託契約の段階では委託者自身を当初受益者としておきます。そして、当初受益者が亡くなった場合に、次に財産によっ...

  • 代襲相続代襲相続

    ■代襲相続・再代襲相続とは 代襲相続とは、相続の開始以前に相続人が死亡している場合に、その子供が代わって相続人になることをいいます(民法887条2項)。例えば被相続人(死亡した人)にすでに死亡し...

  • 遺言書遺言書

    ■遺言書とは 遺言書とは、自身の死後、財産をどのように相続させるかを決定する意思表示のことをいいます。遺言書は法的効力を持ちますが、法律で定められた形式に従って作成しなければなりません。ここでは...

  • 遺言書にはどんな効力がある?遺言書にはどんな効力がある?

    ■ 遺言書の必要性 人が死亡した時に、死者の財産の帰属先が問題となります。その時に相続という場面が発生します。相続をする際に、相続される人が誰にどのように自分の財産を分配するかを具体的に決めて...

  • 遺産分割遺産分割

    民法には、法定相続人が定められています。法定相続人とは、実際に遺産を相続するか、相続しないかは別として、被相続人の遺産を受け取る権利のある人を指します。 法定相続人の中でも、民法で相続の優先順...

  • 家族信託手続きの流れ家族信託手続きの流れ

    家族信託の手続きを行う際に気を付けなくてはならないのは、まず、誰を受託者にするかということです。家族信託は柔軟な財産管理を可能にする一方で、当然受託者の権限が大きくなります。そのため受託者選びを...

  • 相続法改正で自筆証書遺言書にどのような変化があったか~保管・財産目録~相続法改正で自筆証書遺言書にどのような変化があったか~保管・財産目録~

    自筆証書遺言とは、遺言書を遺言者自らが手書きで作成し、自宅で保管する方式の遺言を言います。今までは、自筆証書遺言すべてを自筆で作成する必要がありました。 しかし、今回の相続法改正で、遺言書に添付...

司法書士 横須賀うみかぜ事務所が提供する基礎知識

  • 借金を減額することは可能か

    借金を減額することは可能か

    ■借金の減額手続き 借金は債務整理を行うことで減額することができます。もっとも信用情報機関に債務整理...

  • 過払い金請求の手順

    過払い金請求の手順

    過払い金請求をご依頼いただいた場合、はじめに司法書士が消費者金融などの債権者に対して、受任通知という書...

  • 電子定款

    電子定款

    定款とは、法人の目的、内部組織、活動についての根本的な規則を記載したものをいいます。 定款には、書面に...

  • 遺言書にはどんな効力がある?

    遺言書にはどんな効力がある?

    ■ 遺言書の必要性 人が死亡した時に、死者の財産の帰属先が問題となります。その時に相続という場面が発...

  • 定款

    定款

    定款とは、株式会社等の法人の目的、内部組織、活動に関する根本的な規則を記録したものをいいます。 会社...

  • 認知症と家族信託

    認知症と家族信託

    認知症を発症された場合、その症状によって判断能力が低下してしまいます。そのため、契約などの法律行為を行...

  • 相続放棄

    相続放棄

    ■相続放棄とは 相続放棄とは、相続の権利を自ら放棄し、相続財産を一切承継しないという意思表示です。例え...

  • 家族信託のデメリット

    家族信託のデメリット

    家族信託を行う際に発生するデメリットは実はこれといって大きなものがありません。しかし、もちろん家族信託...

  • 会社設立後の手続き

    会社設立後の手続き

    会社設立の手続きが完了したら、会社の代表として必要な手続きをする必要があります。 主に必要となるのが、...

よく検索されるキーワード

ページトップへ